HOME > エクセル入門 > エクセルとは

エクセル

 エクセルとは、Windows米国Microsoft社が開発したアプリケーションソフトです。表計算ソフトと呼ばれるものの一つに分類されます。

 表計算ソフトのエクセルはさまざまなデータを入力し、集計や計算を自動で出来るソフトです。

 色々なメーカーから様々な表計算ソフトが販売されていますが、中でもマイクロソフトエクセルはほぼ市場を独占していると言ってもいいでしょう。表計算ソフトの代名詞になっています。

 このエクセルは単純な計算から複雑な計算式を関数として覚えこましたり、データからリストやグラフを簡単に作成することが出来ます。

 また、データを蓄積してデータベースとしても活用することが出来ます。さらにVBAという、プログラム言語も用意されているので高度なアプリケーションを作成することも可能です。

 エクセルは簡単な帳票の作成から高度なプログラミングまで出来るのでご自身の技量に合わせて利活用することが出来ます。

 仕事以外でも色々な使い道があるのでぜひマスターしましょう。

エクセル機能

 エクセルの機能を大別すると一般操作、関数、VBAの3つに分ける事が出来ます。まずは一般的な操作を覚えていきましょう。そもそも最近の転職市場では、エクセル・ワードの一般操作は当たり前の技量となっています。

 一般操作が理解できたら関数を学んでいきましょう。関数を学ぶことによっていままで行っていたルーチンワークを大幅に軽減することが出来ます。If関数やVlookup関数、関数の中に関数を入れるネストなどが理解できれば中級者の仲間入りです。

 あなたが上級者と言いたいのならぜひVBAをマスターしておきましょう。いきなりプログラム言語を記述するのはハードルが高いので、まずはマクロの記録を駆使して自動処理できるシートを作成しましょう。

 VBAプログラミングを駆使できるようになれば鬼に金棒です。あなたがプログラム関係やシステムとは関係のない一般的な会社ならもうだれも文句を言えないでしょう。^^/

 ただし関数までならそんなに時間がかからないかもしれませんが、VBAをマスターしようとすれば急激に難易度が高くなります。しかしその分、理解している人もほとんど居ないのでグッと値打ちが上がります。

 社会人として生き残るためにも是非マスターしましょう。

エクセルのバージョン

 Excelはパソコンを買ったときにプレインストールされていたり、オフィスパッケージとして、また単体で購入することが出来ます。

現在の最新バージョンは2016年9月に発売されたExcel2016です。

◆近年のバージョン

  • Excel97
  • Excel2000(Officeのパケージ Office 2000)…1999年7月発売
  • Excel2002(OfficeのパッケージOffice XP )…2001年6月発売
  • Excel2003(Officeのパケージ Office 2003)…2003年10月発売
  • Excel2007(OfficeのパッケージOffice2007)…2007年1月発売
  • Excel2010(OfficeのパッケージOffice2010)…2010年6月発売
  • Excel2013(OfficeのパッケージOffice2013)…2013年2月発売
  • Excel2016(OfficeのパッケージOffice2016)…2016年9月発売

 このホームページの画像は主にエクセル2003の画像を中心に解説していきます。(2003しかもっていないから^^;)

 でも安心してください。画面が変っているだけで基本的な操作方法はさして代わりがありません。そしてもう一つ、会社のパソコンはExcel2000〜Excel2007までが圧倒的に普及していると思われるからです。

 ボクの会社のPCもいまだにExcel2000を使用しています。でも関数、マクロを使えたら十分に利用できますよ。^^/

追記

 エクセル職人を2011年11月に開設してから早5年がたちました。その間にエクセルのバージョンもあがり、新しい機能も増えました。現在ボクの家庭用PCではエクセル2003、エクセル2010がインストールされています。

 また、会社のパソコンは最近新しくなりましたので、エクセル2000からエクセル2013に一気にバージョンアップしました。

 これからはエクセル2010およびエクセル2013を中心に解説していきます。これからもよろしくお願いします。

エクセル入門  エクセル職人  エクセル画面構成

▲TOPへ移動