HOME > エクセル入門 > メニューバーツールバー

メニューバー

メニューバーにはデフォルトで

  • ファイル(F)
  • 編集(E)
  • 表示(V)
  • 挿入(I)
  • 書式(O)
  • ツール(T)
  • データ(D)
  • ウィンドウ(W)
  • ヘルプ(H)

 上記の9種類が用意されています。それぞれのメニューにはコマンドあり、それらをクリックすることによってエクセルに命令を出すことが出来ます。

 メニューバーや、ツールバーはあとから自分で好きなようにカスタマイズできるのでエクセルを使用することに慣れてきたら自分なりにカスタマイズしてみましょう。グッとエクセルが使いやすくなります。

エクセルメニューバー

▲TOPへ移動

ツールバー

 ツールバーは、使用頻度の高いコマンドをそれぞれいくつかまとめた状態で登録されています。ツールバー(標準)であれば新規作成、保存、プリント等々がまとめてアイコンで表示されています。

エクセルツールバー

 ツールバーには標準・書式設定以外にもたくさんあります。メニューバーの「表示(V)」-「ツールバー(P)」で色々なツールバーが用意されています。

 また必要なコマンドだけ組み合わせたオリジナルのツールバーを作成することも出来ます。

▲TOPへ移動

バーの移動

エクセルメニューバー、ツールバーの移動

 メニューバー、ツールバー共に所定の場所から移動することが出来ます。上図は標準のツールバーを移動させた状態です。

 基本的には図形やグラフといった普段使わないバーを移動させて自分好みの画面構成にすることが目的です。

エクセルマクロとVBA  エクセル職人  データの入力・修正・削除

▲TOPへ移動