HOME > エクセル入門 > ページ設定・印刷設定

ページ設定

 印刷ページの詳細な設定は「ページ設定」ダイアログから行います。

 印刷プレビュー画面の「設定(S)」、ワークシートの画面から「ファイル(F)」-「ページ設定(U)」呼び出すことが出来ます。

 ページ設定では「ページ」「余白」「ヘッダー/フッター」「シート」の4つの設定を行うことが出来ます。」

ページ

 ページの設定では印刷用紙の「縦・横」拡大印刷か縮小印刷かの設定。ページ数を合わせる印刷かどうか、あとは用紙サイズと印刷品質の設定が可能です。

 設定を変更後、OKボタンを押せばプレビューが見れます。よろしければ印刷してください。

ページ設定

余白

 印刷ページの余白設定を行うことが出来ます。上下左右、ヘッダー・フッターの調整を行うことができます。下部のページ中央の水平、垂直をチェックすると印刷物が用紙の真ん中に印刷されます。

 *この画面のオプションはプリンタのオプションです。

ページ設定、余白

ヘッダー/フッター

 詳細な設定をするには、それぞれヘッダーの編集(C)、フッターの編集(U)をクリックして、表示されるダイアログボックスで行います。

 ヘッダーとは印刷用紙の上部に印刷される頭書のことです。フッターは用紙の下部に印刷する脚書きのことです。ヘッダー/フッター共にシート名・日付・ページ番号などを選択して挿入することが出来ます。▼矢印をクリックすると雛形がありますので選択してみましょう。

 詳細な設定は「ヘッダーの編集(C)」、「フッターの編集(U)」をクリックして設定します。

ページ設定、ヘッダー/フッター

ヘッダー/フッターの詳細設定

 設定方法は、上図のとおりヘッダーの左側(L)、中央部(C)、右側(R)の位置を選び、カーソルを入れてから、挿入する項目のボタンをクリックします。フォントの変更は、フォントボタンをクリックして更に表示される「フォントの設定」ダイアログボックス(表示省略。確認してください)で行います。

 なお、ボタンで挿入される項目以外に、カーソルを入れ、キーボードから独自に名前などを挿入できます。

 ページ番号は、ページ番号ボタンをクリックすれば自動的に挿入できますが、実務上では独自に番号を設定する事も多いものです。ページ番号を変更するには、「ページ設定」ダイアログボックスのページパネルの先頭ページ番号(R)に番号を直接入力します。(標準は、自動になっています)

 設定方法は左側、中央部、右側のそれぞれのテキストボックスをクリックしてから用意されているボタンを押すと、必要な情報が入力されます。ボタンを選ばなくても、キーボードから直接データを入力することもできます。

 ページ番号を挿入した場合各ページごとに自動で番号を入力してくれます。

 下図はヘッダーの画面ですが、フッターの画面もまったく一緒であり、操作方法も一緒ですので、省略させてもらいます。

ページ設定、ヘッダー/フッター

シート

 ページ設定「シート」では印刷範囲・印刷タイトル・枠線の印刷選択・印刷ページの方向の設定ができます。印刷範囲や印刷タイトルは大きなリストを印刷するときの設定です。

 デフォルトの設定では枠線や行列番号は印刷されませんが、ここでチェックしておくと印刷することが可能です。

 白黒印刷、簡易印刷にチェックすると印刷品質は劣りますが、すばやく印刷してくれます。コメントやエラーもリストボックスから選んだ状態で印刷してくれます。

 印刷ページ方向はワークシートを複数ページで印刷するときの方向を選択する項目です。デフォルトでは左から右(D)に設定されており、縦方向に左から右へ印刷します。上から下(V)を選択すると行方向に上から下へ印刷します。

 下図の印刷設定はワークシートのメニューバーから「ファイル(F)」「ページ設定(U)」を表示したものです。印刷プレビュー画面から起動したページ設定では、印刷範囲、印刷タイトルが設定できなくなっているので注意してください。

ページ設定、シート

▲TOPへ移動

印刷

 エクセルで印刷しようと思えば通常の画面で印刷ボタンを押すとそのまま印刷が始まりますが、前回の設定のまま印刷されるので注意が必要です。

 「印刷」ダイアログを起動すると印刷の部数、印刷範囲など細かな設定が可能です。「印刷」ダイアログは印刷プレビューの「印刷(T)」、メニューバーの「ファイル(F)」-「印刷(P)」をクリックすると表示されます。

 プロパティをクリックするとプリンタの設定ができます。各プリンタのマニュアルを参照してください。

印刷設定

印刷・印刷プレビュー  エクセル職人  ワークシートの表示

▲TOPへ移動