HOME > エクセル入門 > マウス操作データの移動

マウス操作でデータの移動

 一般的にエクセルでデータを移動させるときにはデータの切り取り、貼り付けを利用します。しかしそれ以外にもマウス操作でデータをそのまま移動させることもできます。

マウス操作でデータの移動  移動したいセル範囲を範囲選択します。次に選択範囲の周囲にマウスを移動しましょう。

 通常マウスの形が白抜き十字ですが、選択範囲の周囲に移動すると矢印十字に代わります。その時にドラッグし、移動したい位置に持っていきドロップします。

 これだけで表全体を簡単に移動させることができます。

マウス操作でデータのコピー

 データ移動とほぼ同じ方法でデータをコピーすることができます。それはデータをドラッグドロップするときに「Ctrl」キーを押しながら行うことです。すると移動ではなくコピーになります。

マウス操作でデータの移動

 移動の時と違い表に関数を入力している場合は注意が必要です。C3:D9をF3:G9に移動した場合はそのまま関数の参照も変更してくれますが、コピーした場合参照がおかしくなる?場合があります。このような場面を避けるためには関数の参照を絶対参照にする必要があります。

スペルチェック  エクセル職人  ツールバーの表示方法の変更

▲TOPへ移動