HOME > エクセル初級 > 行列変換

行と列を入れ替える

 エクセルで表を作成したら行と列を入れ替える方がいい場面があります。

 そんな時もう一度データを入力するのはばかばかしいものです。

 行列変換機能を利用し、一発で変換しましょう。

 全体のデータを変換するだけでなく、一部の行、一部の列など、部分的に変換することも出来るのでぜひマスターしておきましょう。

 使い慣れるととても便利な機能です。

行列変換の説明

 変換したいデータ範囲を選択します。上図のばあいですと、「A1:H6」を選択してコピー(C)します。次に貼り付けたいセル範囲の右上を指定し、形式を選択して貼り付け(S)を押します。

データ範囲

(メニューバーの編集(E)-「コピー(C)」や「形式を選択して貼り付け(S)」でも右クリックの「コピー(C)」や「形式を選択して貼り付け(S)」でもどちらでも可能です。)

形式を選択して貼り付け

「形式を選択して貼り付け」の右下、「行列を入れ替える(E)」をチェックします。

行列を入れ替える

 そのまま「OK」ボタンを押すと行列が入れ替わった状態でデータが貼り付けられます。最後に罫線を整えて元のデータを削除しましょう。

行列変換の活用

 以上で行列を簡単に入れ替えることが出来ます。

▲TOPへ移動

行列変換の利用法

 行列変換の便利なところは表全体だけでなく、一部のデータを行列変換できるところにあります。下図の場合店舗名称だけ取り出して、A列に貼り付けています。

 これは上で説明した手順の応用で、店舗部分をコピーし、セルA10に「形式を選択して貼り付け」で、行列入れ替えて、値のみ貼り付けています。

行列変換の利用

 大規模なリストからデータを抜き出す場合などに便利な技です。

連続データの作成  エクセル職人  ページタイトルの設定

▲TOPへ移動