HOME > エクセル初級 > 表のオートフォーマット

オートフォーマット

 文書を書くのはワード、表やグラフを作成するのはエクセルを使う場合が多いでしょう。

 そんなエクセルには簡単に表を見栄えよくしてくれる機能があります。

 表のオートフォーマット機能です。

 下のデータは家計簿の一部を抜き出したものです。

 ぱっと見ただけではやはりわかりにくいと思われます。

 提出用の資料ならなおさら丁寧に作成したいものです。

 慣れたら簡単ですし、オプションも豊富なのでぜひ挑戦してみましょう。

リストの作成

 せっかく作ったデータもそのままでは見難い物です。出来るだけ見やすくしましょう。オートフォーマットの機能はメニューバーの「書式(O)」-「オートフォーマット(A)」でダイアログを出すことが出来ます。

オートフォーマット

 出てきたダイアログに複数の表のサンプルが載っています。すきなデザインの表を利用しましょう。また、オプション(O)ボタンを押すと下側の「設定する書式」が現れます。

 デフォルトではすべてにチェックが入っておりますが、任意でチェックをはずすことが出来ます。気に入らない書式は自分で変更しましょう。

ダイアログ

 下図はオートフォーマットの「表1」ですべてデフォルトの設定通りです・・・

 正直申し上げてこのオートフォーマット機能は必要だろうか?まぁ初心者には便利がいいかもしれないが、少しExcelに慣れてくると自分なりのフォームで表を作成することでしょう。

デフォルトの設定

ページタイトルの設定  エクセル職人  データの自動保存

▲TOPへ移動