HOME > エクセル初級 > 名前の定義削除

名前の定義の使い方

 繰り返して利用されるエクセルの表には名前を定義して管理しましょう。

 名前の定義とはある一塊のセルを選択して名前をつけてしまう方法です。

 リストなどを設定しておくとプルダウンからデータを簡単に入力できたりするので利用価値が高いです。

 初心者のうちはあまり利用価値がありませんが、関数やVBAなどを使用するととても便利で、重要なテクニックに変ってきます。

 今は必要なくてもこのような機能が存在する事だけは覚えておいてください。必ずや役に立つときがやってきます。

名前ボックス

 設定の仕方は簡単です。データ全体を選択し、名前ボックスに直接名前を入力しましょう。上図では「家計簿」と設定するところです。

名前

 データ全体の名前が出来たなら行列のタイトルも作成しましょう。範囲を選択した状態でメニューバーの「挿入(I)」-「作成(C)」をクリックします。名前の作成ダイアログが起動します。

名前の作成

「名前の作成」では名前がほしい作成先をチェックします。今回はタイトルが上端にあるので「上端行(T)」にチェックを入れます。すると上端の1行で名前が作成され、名前ボックスで指定すると簡単にデータを選択することが出来ます。

名前ボックス

 上図、上端の1行が名前ボックスに並んでいる。それぞれクリックすると該当データが反映されます。下図では「内訳」をクリックした状態です。

名前の定義

▲TOPへ移動

「名前の定義」の必要性

 初級のうちは基本的に利用しないテクニックだと思います。ボクもこの機能が便利だなと思ったのはVBAを利用して、変数の概念が理解できた頃です。

名前の定義を活用  VBAでリストボックスを使用してあるグループを表示しようとするときにセルの範囲を指定するのではなく、名前を指定して、リストボックスに反映させることが出来ます。

 この機能を利用すると、項目が増えたときでもその都度、自動で名前とセル範囲を更新できる様に工夫しておけば、ボタン一つでデータを更新することが可能です。

 変数に名前を代入し、データを反映させる・・・その方法を理解したら作業の幅がグッと広がります。

 詳しくはVBAのコーナーで説明します。

▲TOPへ移動

「名前の定義」の削除

 作成した「名前の定義」は名前ボックスから削除することができません。メニューバーから「名前の定義」を削除しましょう。

 メニューバーの「挿入」-「名前」-「定義」をクリックします。名前の定義ダイアログが現れたら削除したい名前を選択します。削除ボタンをクリックします。複数の名前を削除する必要がある場合はこの操作を繰り返します。

シート見出しの色  エクセル職人  データの再入力

▲TOPへ移動