HOME > エクセル初級 > 数式のコピー(絶対参照)

数式のコピー

 エクセルを活用しているとコピーする作業が多いことに気づきます。

 特に慣れてくると四則計算や関数が入ったセルをコピーする場面が出てきます。

 これらを効率よくコピーすることがとても大切になってきます。

 ここでは数式のコピー「絶対参照」を紹介します。

絶対参照

 下図の数式は単価*個数*値引きの項目を参照しています。単価、個数は先ほど説明した相対参照でセルを参照できますが、値引きの項目は一つしかないので相対参照はできません。そんなときにコピーしても同じセルを参照する方法が絶対参照です。

 絶対参照したいセルの行・列の前に「$」マークを前につけます。下図ではセル「B8」を絶対参照したいので「$B$8」と入力します。

 直接「$」マークを打ち込んでもかまいませんが、セル「B8」にカーソルを合わせてF4ボタンを押すと「$」マークをつけてくれます。

数式のコピー(絶対参照)

 サンプルでは2割引きした値段が出るようにしています。この様に全体に関わる計算をしたいときに便利な方法です。

 3割引にしたければ値引き欄を0.7と打ち込むだけで簡単にすべての金額を訂正することが出来ます。

数式のコピー(絶対参照)

・F4ボタン

 参照したいセルでF4ボタンを

1回押すと「$○$△」
2回押すと「○$△」
3回押すと「$○△」
4回押すと「○△」

になります。

数式のコピー(相対参照)  エクセル職人  数式のコピー(複合参照)


▲TOPへ移動