HOME > エクセル初級 > ショートカットキー

ショートカットキー一覧

 エクセルで使用できるショートカットキーを紹介します。

 ここで紹介している分が全てではありませんが、頻繁に利用する機能は覚えておきましょう。

 マウス操作でアイコンから選択するよりもはるかにすばやく作業を進める事が出来ます。

ショートカットキー 機能
Ctrl+Space 選択範囲を列全体に広げる
Shift+Space 選択範囲を行全体に広げる
Ctrl+A ワークシート全体を選択
Shift+方向キー 方向キーを上下左右に動かして選択範囲を拡張
Shift+Home 行の先頭まで選択範囲を拡張
Ctrl+Shift+Home ワークシートの先頭セルまで選択範囲を拡張
Ctrl+P 印刷ダイアログボックスを表示
Alt+F+V 印刷プレビューを表示
Ctrl+方向キー 先頭行、末尾行、左端列、右端列に移動
Home 行の先頭に移動
Ctrl+Home ワークシートの先頭に移動
Shift+F5 検索と置換えダイアログボックスを表示
Enter 又は Tab セル範囲を選択したときに範囲内で左上隅のセルから右下隅へ1個ずつセルを移動
Shift+Enter 又は+Tab セル範囲を選択したときに範囲内で右下隅のセルから左上隅へ1個ずつセルを移動
Esc セルの入力を取り消す
Alt+Enter セル内で改行
Tab セルの入力を確定して右のセルを選択
Shift+Tab セルの入力を確定して左のセルを選択
Home セル内の行頭に移動
Ctrl+Z 直前の操作を元に戻す
Ctrl+D 選択範囲内で下方向にセルにコピー
Ctrl+R 選択範囲内で右方向のセルにコピー
Ctrl+Shift+F3 列見出し又は行見出しから名前を作成
Ctrl+;(セミコロン) 現在の日付をセルに挿入
Ctrl+Shift+;(セミコロン) 現在の時刻をセルに挿入
Alt+↓(下矢印) リストの現在の列中の値のドロップダウンリストを表示
F2 選択中のセル内容の末尾にカーソルを移動
Ctrl+1(テンキー不可) セルの書式設定ダイアログボックスを表示

ショートカットキーの割り当て

 Altキーとの組み合わせで使用できるショートカットキーの方法を説明します。

「セルの結合」を例にして説明します。

  1. メニューの「ツール」-「ユーザー設定」をクリック
  2. 「ユーザー設定」ダイアログの「コマンド」タブをクリック
  3. 「分類」欄の「書式」をクリック
  4. 「コマンド」欄から「セルの結合」ボタンを任意のツールバー上にドラッグドロップする。
  5. ツールバーに作成した「セルの結合」ボタンの上で右クリックし、ショートカットメニュー「イメージとテキスト表示」をクリック
  6. ユーザー設定を閉じる

ショートカットキーの割り当て

ショートカットキーの割り当て

以上でツールバー上に「セルの結合(M)」と表示されるボタンが作成されます。(M)の表示はアクセスキーの意味になります。

よってエクセル上で「Alt」+「M」キーを押せば、「セルの結合」ボタンが選択されたことになり、セルが結合されます。

ショートカットキーの割り当て

ただし、ツールバー上で表示されている時だけ有効になります。

日付と時刻の計算  エクセル職人  文字列の置換

▲TOPへ移動