HOME > エクセル初級 > 入力規則でデータ入力範囲の制限

データ入力範囲の制限

 入力規則を利用してデータ入力範囲の制限について説明します。データ入力範囲を制限することにより、データの入力間違いを防止することができます。では名簿の年齢入力箇所を例に説明していきます。

入力規則

 入力規則を設定したいセル範囲を選択します。次にメニューの「データ」-「入力規則」をクリックします。

 タブ「設定」で条件設定を行います。今回は名簿の年齢なので、入力値が整数、データは0から125の範囲に指定します。

データの入力規則

 以上で設定は完了です。では試してみましょう。明石さんの年齢を126にします。するとエラーメッセージが表示されます。これですべてのミスを防げるわけではありませんが、少なくとも年齢用の整数値以外が入力されることはありません。

入力規則でデータ入力範囲の制限

入力規則を利用した重複データ入力の防止  エクセル職人  計算式の保護

▲TOPへ移動