HOME > エクセル初級 > 計算式の保護

計算式を保護する方法

 複数の社員とパソコンを共有したり、エクセルファイルを共有して利用することはよくあります。そんな時、計算式を見せたくない場合もあります。計算式を表示させない方法を説明します。

計算式を表示させない

 個人的には別に隠す必要もないと思うが、複雑な計算式などは隠したい人もいるようです。人の計算式を丸ごとパクる人は物事を丸暗記するだけであり、応用技術が身につかない人と思います。また、勤勉な方は計算式が隠されていても自分で試行錯誤して時間がかかるが(この時間に意味がある!)導きだすと思います。

 それでは説明します。隠したい計算式が入ったセルを選択します。次にメニューバーの「書式」-「セル」をクリックします。タブ「保護」をクリック、「表示しない」にチェックを入れましょう。

セルの書式設定

 次にメニューバーの「ツール」-「保護」-「シートの保護」を選択します。「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックを入れ、パスワードを入力しましょう。これで計算式が表示されません。

シートの保護

 これで計算式が非表示になりました。しかし、シートがすべて保護されているので、単価や個数の項目も変更することができません。。。

 一部のセルは変更できる設定方法を説明します。

計算式の非表示

シートを保護しても入力できるようにする

 方法は簡単です。シートを保護する前にデータを入力したいセルを選択し、メニューバーの「書式」-「セル」をクリックします。タブ「保護」をクリック、「ロック」のチェックを外しましょう。

保護

 チェックを外したら、シートの保護を設定します。するとロックを外したセルだけが入力できるようになり、計算式は非表示になります。

 ピンク色のセルは入力可能になりました。金額欄の数式は見えませんが、計算はしてくれます。

非表示でも計算

入力規則でデータ入力範囲の制限  エクセル職人  コメント枠の変更

▲TOPへ移動