HOME > エクセル初級 > エクセルのエラー表示

エラー表示

 セルに数式を入力しているのに答えが出ずに何やら変な文字が現れている・・・それはエラー値です。正しい数式を入力すればちゃんと答えが出ます。

 エラー値にも色々種類があるので覚えておきましょう。役に立つかもしれません。

#DIV/0!

 数式でゼロによる除算が行われた場合に表示されます。ゼロ以外の値を入力するか、エラー値を表示しない設定で対応する。

#NUM!

 数式または関数の数値に問題がある場合に表示されます。もう一度数式を確認してみましょう。正しい値ならエラーは出ません。

#REF!

 数式中のセル参照が無効な場合に表示されます。

 セルを削除した場合などにエラーが発生します。もう一度見直してみましょう。

#VALUE!

 引数や数式の対象となる項目が間違っている場合に表示されるエラー値です。論理値が必要な部分に文字列が入っている場合などに表示されます。もう一度数式を確認して正しい値を入力しましょう。

#NULL!

 正しくない参照演算子が使われていたり、指定した2つのセル範囲に共通部分がない場合に表示されます。共通部分がきちんと含まれるようにセル参照を変更しましょう。

#NAME?

 エクセルで認識できない文字列が使われている。セル範囲の参照にコロンが抜けている。数式中の文字列がダブルクォーテーションで囲まれていない。関数名が間違っている場合などである。数式を見直して正しく入力しましょう。

#####

 セル幅よりも長い数値が入力されている、または結果が負の値になる日付または時刻が入力されている場合に表示されます。セル幅の変更で対処。日付や時刻の場合は該当する書式に変更する。

エクセルで上付き文字と下付き文字  エクセル職人  空白のセルを詰める

▲TOPへ移動