HOME > エクセル中級 > ピボットテーブル

ピボットテーブルとは

 脱初心者になるためには必ず覚えておきたい機能の一つにピボットテーブルがあります。

 ピボットテーブルとはデータを統計的にまとめたり色々な始点から分析することが簡単に出来ます。

 データの配置や集計方法、必要なデータの選択が簡単に出来、また、データが更新されればボタン一つで最新のデータに更新することも簡単に出来ます。

 ピボットグラフを利用すると、ピボットテーブルで作成したリストをグラフで表す事ができるので視覚的に非常にわかりやすくなります。

 ピボットグラフも集計元のデータが変更すれば、簡単に更新することが可能です。

ピボットテーブルウィザード

 まずは集計、分析したいデータを用意します。なんでもいいんです。会社にあるデータで勝手に練習してみましょう。「習うより慣れろ」です。それでは順番に説明していきます。

1.リスト内のセルを選択する。(リスト内であらばどこでも構いません。)

ピボットテーブル

2.「データ」-「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」をクリック。ピボットテーブルウィザードが起動します。

ピボットテーブル

3.「Excelのリスト/データベース」と「ピボットテーブル」にチェックがある事を確認してから「次へ」をクリックする。

ピボットテーブル

4.初めにリスト内のセルを選択しているのでデータ範囲を自動的に選択してくれます。必要なデータがすべて範囲内にあるか確認します。(空白の列が存在するとそこでデータが区切られます。

ピボットテーブル

5.何もデータが入っていないピボットテーブルが表示されるのでフィールドにリストからアイテムをドラッグします。配置の仕方により、集計方法が変ります。

ピボットテーブル

6.行のフィールドに「月度」と「種類」をドラッグしました。左側に「月度」があるので各月度のなかに、種類が入っています。「月度」と「種類」を入れ替えると、種類の中に月度が入ってきます。

ピボットテーブル

7.最後に金額のデータをドラッグします。すると下図の様にデータが、「月度」ごと、「種類」別に集計することが出来ました。

ピボットテーブル

サンプルデータ

03_excel-intermediate_01(pivottable).zip

エクセル中級  エクセル職人  ピボットテーブル その2

▲TOPへ移動