HOME > エクセル中級 > 補助円付き円グラフ補助縦棒グラフ付き円グラフ

補助円付き円グラフ

 通常円グラフを作成する時に下位グループは非常に割合が小さい場合がある。

 そのような場合、普通の円グラフではとても見にくいので、下位グループをある程度まとめて「その他」扱いにし、補助円として表示するとわかりゃすくなる。

 作成方法もあまり難しくないので、ぜひチャレンジしてみよう。

 まずはグラフ化したいリストを範囲選択します。メニューの「挿入」-「グラフ」をクリックし、グラフウィザードを起動します。

 グラフウィザード1/4では標準タブでグラフの種類で「円」を選択し、形式で補助円グラフつき円グラフを選択します。

グラフの種類

 グラフウィザード2/4では、グラフがキチンと出来ているか確認します。データ範囲に特に問題が無ければ次に進みます。

グラフの元データ

 グラフウィザード3/4では設定を変更します。タブ、タイトルとラベルではタイトルを入力しましょう。タブ、凡例では「凡例を表示する」のチェックをはずします。タブ、データラベルでは分類名とパーセンテージをクリックします。

グラフオプション

 グラフウィザード4/4ではとりあえずオブジェクトでグラフを作成します。

グラフの作成場所

 とりあえずグラフを完成させることが出来ました。しかし見てみると文字が重なってよくわかりません。補助円の比率もおかしいので調整します。

データラベル

 まずはデータラベルを選択し、自動サイズ調整のチェックをはずし、文字サイズを小さくしましょう。

データラベルの修正

 次にデータ系列をクリックします。データ系列の書式設定でタブ、オプションをクリック。ココでは補助円のサイズと補助円に含むデータの個数を選択できます。例では8個を補助円に含めます。

データ系列の修正

 ココからは微調整になります。グラフエリアを選んで移動したり、最後には個別のラベルを選択し、見栄えのいいように調整しましょう。これで補助円つき円グラフの完成です。

補助円付き円グラフ

補助縦棒グラフ付き円グラフ

 補助円付き円グラフ以外に補助縦棒グラフ付き円グラフも用意されています。基本的な考え方や操作方法は補助円付き円グラフとまったく一緒です。グラフが違うだけですので、グラフだけ変更してみましょう。

 グラフ上で右クリックします。グラフの種類を選択し、補助縦棒グラフ付き円グラフを選択しましょう。

円グラフの変更

 それだけで補助縦棒グラフ付き円グラフが完成できます。縦棒なのでラベルが補助円グラフに比べて密集しやすいので項目が少ないデータのほうが向いていると思われます。上記のデータだと詳細部分が重なって見えなくなってしまいました。

補助縦棒グラフ付き円グラフ

グラフの技02「ドーナツグラフ(2重円)の作成」  エクセル職人  グラフの技04「人口ピラミッド」

▲TOPへ移動