HOME > エクセル中級 > シナリオ

シナリオとは

 計算式があるとします。そこに少しずつ変化した値を入れたい場合が多々あると思います。

 たとえば金利、3パーセントの時と、5パーセントの時と、7パーセントの時と色々試してみたいと思われます。

 金利以外にもお店の売上計算時にお客さんがあと○人多ければどうだったか・・・

 単価を少し変更してみたら売上達成できたか・・・

 そのような時に、シナリオを設定しておくと、簡単にセル内容を変化させることが出来ます。

シナリオの活用例

 シナリオの使い方を説明します。下の表は各店舗の来客数と平均客単価、売上を表示しています。客単価は今までの店舗毎の平均値を採用しているものとし、売上は「来客数X客単価」で算出しています。

 シナリオを使用するとセル内容が変化してしまうのでまずはデフォルトを登録しておきましょう。変化させていくセルは来客数のセル、B3〜F3です。

シナリオ

 メニューバーの「ツール」-「シナリオ」をクリックします。シナリオの登録と管理のダイアログボックスが立ち上がります。追加ボタンを押すとシナリオの編集のダイアログボックスが立ち上がります。

 いつでも戻せるように初期設定をしておきましょう。シナリオ名に「初期設定」、変化させるセルに来客数のセルB3〜F3を選択、数値は現在の数値を入力しましょう。

シナリオの編集

シナリオの値  変化させるセルを選択し、OKを押すとシナリオの値の入力用ダイアログボックスが表示されます。

 現在の数値、初期値が入っているのでそのままOKボタンをおします。「初期設定」が完了しました。

 ここからシナリオの作成に入ります。仮にキャンペーンを開催して全店舗の来客数が1.5倍に増えたと想定しましょう。その時のシナリオ設定をします。

 要領は「初期設定」と同じです。シナリオボタンを押してシナリオの編集ダイアログボックスを立ち上げます。シナリオ名を入力し、(今回はキャンペーン)変化させるセルを選択します。

 OKボタンを押して、シナリオの値ダイアログボックスが立ち上がったら来客数の1.5倍の数値を入力しておきましょう。

シナリオの値 キャンペーン中の来客数、普段の1.5倍と想定し、数値を代入します。

 応用として、単独店舗のキャンペーンを開催したなら、単独店舗のみ想定される普段の来客数の1.5倍を入力しましょう。

 これで「初期設定」と「キャンペーン」のシナリオが完成しました。「キャンペーン」のシナリオを選択し、表示ボタンをクリックすると来客数が変化します。来客数の変化と共に、売上、総売上も変化します。(この時点ではグラフは変化しません)

 「閉じる」ボタンを押すと、シナリオの登録と管理のダイアログボックスが閉じ、グラフが変化します。複数のシナリオを作成しておくと将来の予測を簡単にすることが出来ます。

シナリオの登録と管理

ゴールシーク  エクセル職人  差し込み印刷

▲TOPへ移動