HOME > エクセル中級 >エクセルブックを開かずにファイル内容を確認する

ファイル保存時の設定

 エクセルファイルを開くときに、目的のファイルかどうか?ちょっと確認したいときがあります。そんな時はエクセルのファイルプレビュー機能を利用しましょう。ファイルを開かずに中身の一部を確認することができます。

 ファイルプレビューの機能を利用するためには、プレビューできるようにファイルの保存設定を変更する必要があります。

 それでは保存設定を説明します。まずは「ファイル」-「プロパティ」をクリックし、プロパティのダイアログを開きます。

プレビューの設定

 ファイルのプロパティが表示されます。「タブ」ファイルの概要をクリックしましょう。画面一番下の「プレビューの図を保存する(V)」をチェックします。これで保存するときにプレビューの図を保存してくれます。

ファイルのプロパティ

 次にプレビューを確認してみましょう。起動しているエクセルの「ファイル」-「開く」をクリックし、「ファイルを開く」ダイアログを表示させます。ツールの横の表示メニューからプレビューをクリックします。

ファイルを開く

 プレビューを表示させたいファイルをクリックしましょう。きちんと設定ができていたらプレビューが表示されます。必要なファイルはこまめにプレビュー設定をしておきましょう。

ファイルを開く、プレビュー

 設定ができていなかったら「プレビューを表示できません。」と表示されます。もう一度手順を見直し、プレビュー表示の設定を行いましょう。

プレビューでファイルを確認

シート内で文字・数値のみを選択  エクセル職人  エクセルファイルにパスワードの設定をおこなう

▲TOPへ移動