HOME > エクセル中級 >エクセルファイルにパスワードの設定をおこなう

パスワードの設定

 エクセルファイルを保存するときにパスワードを設定することができます。パスワードを設定することで、完全に閲覧できないようにすることもできるし、閲覧のみできるように設定することもできます。そして閲覧、上書きできるように設定することもできます。

 それぞれ設定しておけば、決められた人員だけパスワードを教えておくと、エクセルファイルのアクセスを制限することができます。

 それではさっそくパスワードの設定を行いましょう。まずはパスワードの設定を行いたいファイルを開きます。

 「ファイル」-「名前を付けて保存」をクリックします。名前を付けて保存ダイアログが現れたら、「ツール」-「全般オプション」をクリックします。

全般オプション

 全般オプションをクリックすると保存オプションダイアログが現れます。このダイアログでパスワードを設定します。読み取りパスワードと書き込みパスワードを設定することができます。

保存オプション

 読み取りパスワードが設定されていると、ファイルを開くときにパスワードを尋ねられます。パスワードがわからなければ開くことができません。

読み取りパスワード

 書き込みパスワードを設定するとファイルを開くときに上書き用パスワードを尋ねられます。パスワードがわかれば上書き保存できます。わからなければ読み取り専用ボタンをおして、読み取りしか権限がありません。

書き込みパスワード

 保存オプションの「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れていると下図の様に、読み取り専用で開くように促されます。

読み取り専用を推奨する

エクセルブックを開かずにファイル内容を確認する  エクセル職人  入力規則のメッセージをカスタマイズ

▲TOPへ移動