HOME > エクセル関数 > ROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数

ROUND関数

ROUND関数は指定した数値を四捨五入し、指定した桁数で返す関数です。

書式
=ROUND(数値,桁数)

 数値は、四捨五入したい数値をそのまま入力することもできますし、セル範囲を指定することもできます。

 桁数は整数を入れると小数点第X位まで計算するか、指定することが出来ます。0を入力したら整数値になります。

 また、負の値を入力すると指定した桁数まで整数部分で丸め込む形になります。

ROUND関数

ROUNDUP関数

 ROUNDUP関数は指定した数値を切り上げ、指定した桁数で返す関数です。

書式
=ROUNDUP(数値,桁数)

 使い方はROUND関数と一緒なので、伝票処理などの計算に利用されていると思われます。桁数の指定によって計算が変ってくるので、よく理解しておきましょう。

ROUNDUP関数

ROUNDDOWN関数

 ROUNDDOWN関数は指定した数値を切り下げ、指定した桁数で返す関数です。

書式
=ROUNDDOWN(数値,桁数)

 この関数もROUND関数やROUNDUP関数同様、伝票処理関係のリストを作成していたら、よく利用されていると思います。

ROUNDDOWN関数

ROUND関数の応用

 ROUND関数を利用して0.1刻みのデータを二捨三入して、0.5単位のデータに変換する方法を説明します。

 方法は簡単です。データを2倍にしてから四捨五入し、最後に2で割ると0.5単位のデータに変換することができます。

ROUND関数の応用  ROUND関数を利用して二捨三入した状態です。桁数を0にすると0.5単位のデータに変換することができます。

 同様にして0.05単位のデータに変換したい場合は単位を小数点1位で計算するとうまくいきます。

SUM関数、SUMIF関数  エクセル職人  TRUNK関数、INT関数、ABS関数、SIGN関数

▲TOPへ移動