HOME > エクセル関数 > VLOOKUP関数HLOOKUP関数

VLOOKUP関数

 VLOOKUP関数は作成したリストの指定範囲内で左端の列から検索し、指定した列数の該当するデータを返す関数です。

 行列関数の代表格であり、VLOOKUP関数を使いこなせたらエクセル中級には達していると思います。(個人の感想です。)

書式
=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

  • 検索値:検索範囲の一番左端の検索値を指定する。
  • 範 囲:検索範囲全体を指定すること。
  • 列番号:左端から何列目のデータがほしいか指定する。
  • 検索の型: TRUEまたはFALSEで指定。

FALSEと指定すると、検索値と完全に一致する値だけを、範囲の中から検索します。
TRUEと指定すると、検索値と一致する値がない場合は、一番近い値を検索します。

VLOOKUP関数の利用例

 VLOOKUP関数の利用例を紹介します。請求書を用意してみました。VLOOKUP関数はリストからデータの抽出が出来るので、使い方を理解できたら色々応用範囲も広がることでしょう。

 VLOOKUP関数が利用されているのは請求書の「単価」の項目です。品名欄を入力すれば自動的に単価が引っ張られてくるようになっています。「単価」はシート「データシート」に作っておきます。

 ボクの場合はよくリストに「名前の定義」を利用します。初めから製品名をリスト化しておき、請求書の品名を入力するときにリストから選択してデータを入力するようにしておきます。この方法ですと、品名を間違えて入力してエラーになることを防ぐことが出来ます。

 品名の間違いとは・・・
「PCケースCタイプ」
「PCケースCタイプ」
「PCケース Cタイプ」

 直接入力すると人によっては半角で入力したり、全角で入力したり、半角スペースが入っていたりする事があるからです。人間が目で判断するとどれも同一商品だと理解できますが、PCは別の商品だと認識します。

 このような入力違いは作業人数が増えれば増えるほど統一することが難しくなるので、初めからリストから選ばすようにすれば間違いはなくなります。

VLOOKUP関数

 リストに名前をつけておくと非常に便利です。入力違いを防ぐ方法としてとても効果的です。また、リストで管理しておくと他のフォームに移動することも簡単に出来ます。社内にサンデープログラマが居ればこのようなデータで渡してあげればすぐに活用してくれます。たぶん。

VLOOKUP関数

サンプルデータ

05_excel-function_14(Vlookup).zip(7kb)

HLOOKUP関数

 HLOOKUP関数は作成したリストの指定範囲内で上端の行から検索し、指定した行数の該当するデータを返す関数です。VLOOKUP関数は縦方向のリストに適していますが、HLOOKUP関数は横方向のリストに適しています。

 しかしながらエクセルは基本的に縦方向にデータを蓄積していくソフトになっているので(基本的にデータは縦方向の蓄積していく)HLOOKUP関数はVLOOKUP関数に比べてあまり利用されていません。

HLOOKUP関数

 基本的にはVLOOKUP関数だけ覚えておけば問題ないと思います。下の図はHLOOKUP関数とMATCH関数を組み合わせて名前と月度を選択し、両方に一致するデータを反す式です。A15に名前を選び、B15に月度を選びます。C15には名前と月度が一致しているD6の値が返されています。

書式
=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索の型)

  • 検索値:検索範囲の一番上端の検索値を指定する。
  • 範 囲:検索範囲全体を指定すること。
  • 行番号:上端から何行目のデータがほしいか指定する。
  • 検索の型: TRUEまたはFALSEで指定。

FALSEと指定すると、検索値と完全に一致する値だけを、範囲の中から検索します。
TRUEと指定すると、検索値と一致する値がない場合は、一番近い値を検索します。

HLOOKUP関数

*コチラのデータはVLOOKUP関数のサンプルデータと一緒に登録されています。

日付/時刻関数その2  エクセル職人  INDIRECT関数

▲TOPへ移動