HOME > エクセルVBA > マクロの登録

マクロの登録とは

 せっかく作ったマクロを多用しない手はありません。

 しかし、毎回メニューバーの「ツール」-「マクロ」-「マクロ」から実行していたら時間がかかります。

 少しでも簡単にマクロを実行できるようにツールバーに登録したり、ユーザーフォームでボタンを製作して登録しておきましょう。

フォームのボタンに登録

 エクセルシートに直接ボタンを設置してみましょう。

1.メニューバーの「表示」-「ツールバー」-「フォーム」をクリック。

フォームボタンにマクロを登録

2.フォームのボタンアイコンをクリックしてシートの任意の場所にボタンを描きます。するとすぐにマクロの登録フォームが現れるので登録したいマクロを選択して「OK」ボタンを押してください。

マクロの登録フォーム

3.ボタンが囲まれているうちは直接テキストを書き換えることが出来ます。ボタン設置後でも右クリックで「テキストの編集」をクリックするとボタンのテキストを変更することが出来ます。

テキストの編集

4.ボタンを設置したらボタンを押してみましょう。登録されたマクロが起動して処理してくれます。

ボタンの設置

▲TOPへ移動

ツールバーに登録

 こんどはツールバーにマクロを登録してみましょう。複数のマクロを開発した場合などにはツールバーに登録したほうが便利です。

1.「表示」-「ツールバー」-「ユーザー設定」をクリックします。ユーザー設定のフォームが出たら新規作成のボタンをクリック。新しいツールバーのダイアログが現れるのでツールバーの名称を設定します。

ツールバーにマクロを登録

2.ツールバー「自作マクロ」が出来たところです。しかし、このままでは使えません。ボタンを設置する箱を作った状態になります。

ツールバーに自作マクロ

3.今度はタブ「コマンド」をクリックし、分類の「マクロ」を選択します。コマンド欄に「ユーザー設定メニュー項目」と「ユーザー設定ボタン」の2種類が現れます。どちらかをクリックして新規に作成した「自作マクロ」のツールバーにドラッグします。

 「ユーザー設定メニュー項目」ならメニューバーのように文字列で表示されます。(後でボタンを設置することも可能)

 「ユーザー設定ボタン」を選ぶとボタンを設置することになります。また、ボタンの絵柄を選択したり、自分で絵柄を作成することも可能です。

ユーザー設定

4.「ユーザー設定メニュー項目」をドラッグドロップしてみました。するとツールバー「自作マクロ」に「ユーザー設定メニュー項目」が追加されました。

ユーザー設定ボタン

5.ツールバー「自作マクロ」の「ユーザー設定メニュー項目」を右クリックします。名前欄に好きなボタン名称を設定します。今回は「年齢並び替え、部署名変更」を入力。最後にマクロの登録ボタンをクリックします。

自作マクロの登録

6.「Macro1」を選択し、OKボタンをクリックします。

マクロの登録

7.ユーザー設定を閉じると完成です。ツールバー「自作マクロ」に「年齢並び替え、部署名変更」ボタンを設置できました。これでいつものルーチンワークを簡単に処理することが出来るようになります。

自作マクロをツールバーに登録

マクロの記録  エクセル職人  VBE(Visual Basic Editor)とは

▲TOPへ移動