HOME > エクセルVBA > VBE(Visual Basic Editor)

VBE(Visual Basic Editor)とは

 マクロの自動記録で記録されたコードを見るために必要なツールです。

 自動記録だけでなく、自分でコードを記述することもできます。

 VBEとはVBAというプログラムを記述できるツールの事です。

 エクセルのおまけみたいな感じもしますが立派なプログラミング環境が整っています。

 起動方法はメニューバーの「ツール」-「マクロ(M)」-「Visual Basic Editor(V)」をクリックすると起動します。

 もしくは「Alt+F11」でも起動させることが出来ます。

エクセルVBE

 VBEを起動するとデフォルトで「プロジェクト」(左上)、「プロパティ」(左下)、「コードウィンドウ」(右)の3種類で構成されております。

エクセルVBEの画面構成

 画面左上にあるプロジェクトには現在のエクセルファイルに記入されているVBAを確認することが出来ます。エクセルオブジェクト、フォーム、標準モジュールの3つのフォルダから構成されており、エクセルオブジェクトには各シートやブックにVBAを記述することが出来ます。

 フォームはそれぞれが作成したユーザーフォームの事であり、ユーザーフォーム上のボタンのVBAを記述することが出来ます。

 標準モジュールにはVBAを記述できるモジュールがあります。一般的には標準モジュールにプログラムを記述し、エクセルのシートやブック、ユーザーフォームから呼び出すような形で構成されます。

 直接シートやブック、ユーザーフォームに記述するよりも機能ごとにモジュール内でプログラムを記述しておくと、使いまわしが容易に出来ます。

エクセルVBEのプロジェクト

 画面左下にある表がプロパティになります。現在はユーザーフォーム1のプロパティが表示されています。プロパティとは情報や特性を現し、ユーザーフォーム1のプロパティならそのカラーやフォントのサイズ、位置情報などが記述されています。

 画面右側にあるのがコードウィンドウになります。モジュールやユーザフォームをクリックすると該当するコードウィンドウが表示されます。VBAにおける、一つ一つのプログラムはプロシージャと呼ばれ、モジュール内にいくつも記述することが出来ます。

 VBAプログラム上からも操作することができ、ボタンをクリックするとユーザーフォームの色を変更したりすることも可能です。

 いきなりプログラムを記述するのは難しいのでマクロの記録で記述されているプログラムを書き直すことから始めたほうが良いかもしれません。

マクロの登録  エクセル職人  VBAの基礎

▲TOPへ移動