HOME > エクセルVBA > オブジェクトプロパティメソッド

オブジェクト

 VBAの概念にオブジェクトがある。簡単に言うと操作対象と考えてもらってもいい。ワークシートやワークブック、セルにエクセル自体もオブジェクトになる。

 オブジェクトは階層構造になっており、上下の関係がある。たとえばワークシートとセルの関係だ。

 すでに選択されたオブジェクト上であれば省略することも出来るが、ワークシートを指定してからプログラムを書くほうが後からわかりやすいと思う。

 ボクも最初のうちはよくわからん概念だったが、慣れてくると自然にわかってくると思う。

プロパティ

 オブジェクトはプロパティを持つ。プロパティとはいわゆる属性の事である。たとえばセルのプロパティに書式や値がある。文字のフォントもプロパティに該当する。

メソッド

 メソッドはオブジェクトに対して「何をするか」、いわゆる操作方法に該当する概念です。

▲TOPへ移動

例で考えてみる

 オブジェクトとプロパティ、メソッドについてわかり難いので例題で説明してみます。

例1) プロパティの値を調べる。

my_a = Worksheets(1).Name

  • my_aは変数
  • Worksheets(1)はオブジェクトで一番左のワークシートを意味します。
  • Nameはプロパティで名前のことです。

 上の1行を日本語に訳すと「一番左のワークシートの名前を変数「my_a」に代入しなさい。」となります。

例2) プロパティの値を変更する。

Worksheets(1).Name = "日報"

  • Worksheets(1)はオブジェクトで一番左のワークシートを意味します。
  • Nameはプロパティで名前のことです。

 上の1行を日本語に訳すと「「日報」を一番左のワークシートの名前に代入しなさい。」となります。

例3) メソッドでオブジェクトを操作する。

Worksheets(1).Delete

  • Worksheets(1)はオブジェクトで一番左のワークシートを意味します。
  • Deleteはメソッドで削除を意味します。

 上の1行を日本語に訳すと「一番左のワークシートを削除しなさい。」となります。

変数  エクセル職人  コンテナとコレクション

▲TOPへ移動