HOME > エクセルVBA > シートの操作「シートの挿入」「シートの選択

「シートの挿入」と「シートの選択」

 ここでは新規シートの挿入、シートの選択、シートの移動とコピー、シートの削除、シートの表示/非表示を説明します。

新規シートの挿入

 通常、エクセル操作で新規にシートを挿入しようと思えば、メニューバーの「挿入」-「ワークシート」をクリックするか、シートの見出しを右クリック、「挿入」をクリックするとシートが挿入されます。

 エクセルVBAで記述すると次のようになります。

 Worksheets.Add

新規シートの挿入

 Addメソッドに引数をつけると、挿入位置と挿入枚数を指定することが出来ます。
引数「after:=Worksheets(1)」は挿入位置の指定。
引数「 Count:=2」は2枚挿入を意味します。

 Worksheets.Add after:=Worksheets(1), Count:=2

新規シートの挿入、引数あり

シートの選択

 エクセル操作で複数のシートを選択することはできますが、複数のシートをアクティブにすることは出来ません。セルで考えてみるとよくわかると思いますが、複数のセルを選択することは可能ですが、データを打ち込めるセルはいつでも一つだけです。

 VBAで、単体のシートをアクティブにするにはActivateメソッドかSelectメソッドを使います。どちらを使用してもシートをアクティブにすることが出来ます。

 Worksheets("Sheets1").Activate
 Worksheets("Sheets1").Select

 複数シートの選択をする場合はSelectメソッドを使用します。Activateメソッドは使用できません。

 Worksheets.Select

複数シートの選択

 Array関数を使用すると特定のシートを選択することが出来ます。上の段の記述は左から1枚目と3枚目のシートをアクティブにします。下の段の記述はシート名「Sheet1」、「Sheet5」を選択します。

 Worksheets(Array(1,3)).Select
 Worksheets(Array("Sheet1","Sheet5")).Select

複数シートの選択

複数シートの選択、Array関数使用

シートの操作1  エクセル職人  シートの操作3

▲TOPへ移動