HOME > エクセルVBA >ユーザーフォームの追加コントロールの配置

ユーザーフォームの追加

 エクセルVBAのユーザーフォームはVBEを立ち上げてから追加することになります。下図の○の部分、VBEの標準ツールバーの「ユーザーフォームの挿入ボタン」をクリックします。

 「ユーザーフォーム」「標準モジュール」「クラスモジュール」の3つを選択することが出来ますがここではユーザーフォームを選択しましょう。

ユーザーフォームの追加

 ユーザーフォームを選択するとフォームデザイナウィンドウに表示されます。同時にコンボボックスやテキストボックスなどを追加できるツールボックスが表示されます。

 プロジェクトエクスプローラにはフォルダ「フォーム」の中にUserForm1が新しく追加されます。

ユーザーフォームの追加

コントロールの配置

 ユーザーフォームを追加したら早速コントロールを配置しましょう。コントロールはツールボックスから選んで配置します。ユーザーフォームに配置するには3つの方法があります。

ドラッグ&ドロップで配置

 ツールボックスにあるコントロールをドラッグして、ユーザーフォーム上でドロップします。コントロールはドロップした位置に規定のサイズでコントロールが配置されます。

コントロールの配置  ツールボックスからコマンドボタンをドラッグドロップで配置したところです。

 3つの方法がありますが、とりあえず配置してしまっても後からサイズを変更したり、削除したりする事は簡単に出来ます。


削除はコマンドボタンが選択された状態でDeleteを押してください。

 サイズを変更したい場合はコマンドボタンの周囲にある四角をクリックして広げることが出来ます。

フォーム上でクリックして配置

 ツールボックスにある配置したいコントロールをクリックして選択します。選択後、ユーザーフォーム上でクリックします。クリックした位置に規定のサイズでコントロールが配置されます。

ユーザーフォーム上でドラッグして配置

 ツールボックスにある配置したいコントロールをクリックして選択します。選択後ユーザーフォーム上でドラッグします。ドラッグ中は点線でコントロールの枠を表示してくれます。最後にマウスを放すと表示されている点線のコントロール枠でコントロールが作成されます。

ユーザーフォームの利用  エクセル職人  プロパティウィンドウとユーザーフォームのプロパティ

▲TOPへ移動