HOME > エクセルVBA >コントロール

コントロールとは

 コントロールとは、VBAでプログラムを作成する時に非常に便利な部品です。基本的にはデータの入力、出力を行うためのものです。代表的なコントロールには「コマンドボタン」「テキストボックス」「ラベル」などがあります。

 この3つは比較的単純な機能しかありませんが、もっとも頻繁に使用するコントロールです。基本となるコントロールなのでしっかりマスターする必要があります。

 VBAの場合、コントロールはユーザーフォーム上でも、エクセルシート上でも使用することが出来ます。

 それでは順番に説明していきましょう。

コマンドボタン

 コマンドボタンはもっとも多く利用されるコントロールの一つです。単純なボタンですが、ボタンにプログラムを設定することによって、何かを処理したり、処理をキャンセルしたりすることが出来ます。

コマンドボタン

 ユーザーフォーム上に設置したコントロールです。デフォルトでは「CommandButton1」と記入されていますが、名称は自由に変えることが出来ます。複数のボタンを設置することも出来ます。

CommandButton1

 エクセルシート上に直接コマンドボタンを設置した例です。エクセルシート1枚で完結するようなプログラムの場合よく利用されます。

テキストボックス

 テキストボックスはユーザーが文字列を入力することが出来るコントロールです。文字列を入力し、それをシートに貼り付けたり、数字なら計算したりすることが出来ます。

テキストボックス

 ユーザーフォームに設置されたテキストボックス。初めから文字を設定することもできます。エクセルでデータベースを作成する時に、住所や名前、その他データの入力フォームとしてよく利用されています。

ユーザーフォームとテキストボックス

 エクセルシートに直接設置した場合のテキストボックスです。コマンドボタンの時と同様にエクセルシート1枚で完結するような場合は利用できると思います。

ラベル

 ラベルとはユーザーフォームや、エクセルシート上に文字列を表示するためのコントロールです。表示のみのコントロールなのでユーザーが直接文字列を書き換えることは出来ません。

ラベル

 ユーザーフォーム上に設置した場合です。テキストボックスの説明や計算結果の表示などに利用できます。

ユーザーフォーム

 エクセルシートにも直接ラベルを設置することが出来ます。ユーザーフォーム時と同様に説明文を記入したり、計算結果を反映させると便利です。

コマンドボタン、テキストボックス、ラベルの使用例

 コマンドボタン、テキストボックス、ラベルを使用した簡単な掛け算の計算機です。テキストボックスに数値を入力し、「計算」ボタンを押すと掛け算を計算してくれます。リセットボタンを押すとコマンドボタンとラベルに記入された計算結果が削除されます。

コマンドボタン

 コマンドボタン2個、テキストボックス2個、ラベル3個を使用して計算機を作成しました。ラベルは「×」「=」「計算結果」の3箇所です。

テキストボックス

 テキストボックスに数値を入力します。数値以外も入力できますが、「計算」ボタンを押した時に削除されます。

 単純にエラーが発生したらテキストボックスを削除する設定にしています。本格的に作る場合は数値以外が入力されたら間違いを指摘するメッセージボックスを設置したりしましょう。

ラベル

 計算ボタンを押したら計算します。10×5なので50が表示されています。リセットを押すとテキストボックスと答えのラベルが削除されます。

 コレで、コマンドボタン、テキストボックス、ラベルの基本的な利用法になるかと思います。あとはボタンを増やすなり、プログラムを複雑にしたり・・・あとちょっと工夫すると、電卓を製作することも出来ます。

ユーザーフォームの「イベント その2」  エクセル職人  コントロール その2「コマンドボタン」

▲TOPへ移動