HOME > VBAサンプル集 > シートの保護・解除

シートの保護・解除

 ワークシートの保護、解除について説明します。シートの保護シート削除はProtectメソッドとUnprotectメソッドを使用します。

・アクティブシートを保護
Sub Sample003()
   ActiveSheet.Protect
End Sub
・アクティブシートを解除
Sub Sample004()
   ActiveSheet.Unprotect
End Sub

シートの保護・解除(パスワード付)

 次にパスワード付の保護について説明します。状況によってパスワード付の保護にしておけば、パスワードを知っている人にしか保護を解除することができません。

・アクティブシートをパスワード付で保護
Sub Sample005()
   ActiveSheet.Protect Password:="1111"
End Sub
・パスワードを入力して解除
Sub Sample006()
   ActiveSheet.Unprotect Password:="1111"
End Sub

 次に任意のパスワードを設定する方法を説明します。今回はInputBoxを利用してパスワードを入力します。下記コードを利用すると任意のパスワードを入力した後に、そのパスワードでシートが保護されます。

 解除するには任意のパスワードが必要になります。

・任意のパスワードを入力して保護
Dim myMsg As String
Dim myTitle As String
Dim myPass As String


Sub Sample007()
   myMsg = "パスワードを入力してください。"
   myTitle = "パスワードの設定"
   myPass = Application.InputBox(prompt:=myMsg, Title:=myTitle)
   ActiveSheet.Protect Password:=myPass
End Sub

上記のコードを利用すると下図のInputBoxが現れます。任意のパスワードを入力してシートを保護しましょう。

パスワードの設定

エクセル職人        VBAサンプル集目次

▲TOPへ移動